スラムで生き抜く500人の子供たちのビッグママ  ~火災を乗り越え、子供たちの未来を語る~

開催期間 : 15年4月10日 19:00 - 21:00

メインゲストはケニアからやってくるマゴソスクール創設者のリリアンさん。
お話の案内役はケニア在住26年の早川千晶さん。
そして、ケニアの村で8年間伝統音楽の修行を行って帰国した大西匡哉さんが、ケニアのドゥルマ民族のタイコを敲きます。

どん底のような貧困がはびこるキベラスラムの暮らしは、病気、強盗、大火事、空腹など辛いことも沢山あります。しかしそれでも日々の喜びや悲しみを共に分かち合う仲間たちがいます。近所の人々との助け合いと、ありとあらゆる工夫と努力によってスラムでは生き抜くことができます。

18人兄弟姉妹の長女リリアンさんは、病気で両親を亡くしてからキベラスラムで弟妹を支え、子どもたちだけでたくましく生き抜いてきました。

やがてリリアンさんは、同じように早くに親を失い、よりどころを無くした子どもたちを自分のもとに引き取り、小さな寺子屋をはじめました。
最初20人ではじまったその学校は、今では560人の子どもたちを抱える大家族になっています。


昨年12月近隣からの出火によりマゴソスクールは火災に見舞われました。
リリアンさんは自分も火災で家財道具を失いながら、地域を代表する学校の会長として、マゴソスクールを焼け出された人たちの避難所として被災者を受け入れる判断をし、全員が新しい生活を始めるまでを見届けました。

その強さと優しさは一体どこから来るのでしょうか?

今回の来日では約1か月かけて全国を回る予定ですが、この日の仙台のイベントがリリアンのお話初日です。

2015年のリリアンにいち早く会いたいという方、是非仙台の会場に足を運んでください!

ケニアのキベラスラムでマゴソスクールを運営するリリアンさん。その姿、声、雰囲気を実際に目で見て、聴いて、感じてもらい、遠いアフリカ、ケニアを少しでも身近に感じてもらい、少しでも考えてもらうきっかけにしたいと考えています。
イベント名スラムで生き抜く500人の子供たちのビッグママ  ~火災を乗り越え、子供たちの未来を語る~
期間15年4月10日 19:00 - 21:00
主催者非営利活動法人アマニ・ヤ・アフリカ

申し込み先:022-797-7556

連絡用メールアドレス:info@amani-ya.com
会場住所日本, 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4丁目11−1 141ビル(株)仙台三越定禅寺通り館
エルパーク仙台 6Fスタジオホール
参加料イベント参加料:有料(一般1,500円 学生1,200円 高校生500円 中学生以下無料)
ホームページhttp://amani-ya.com/

大きな地図で見る

暮らしカテゴリーの最新情報

伊達fanデジタルブック

伊達fanデジタルブック

ページの準備中です。しばらくお待ちください。

ページの準備中です。しばらくお待ちください。

イベントカレンダー

8月 2017
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 色の日はイベントあり(クリックで詳細へ)

イベントマップ

今後10日間に開催されるイベント