子育て・教育

妊娠中の助成制度も充実 整備が進む保育所&幼稚園

妊娠中の助成制度も充実 整備が進む保育所&幼稚園

「みやぎ」では、転勤に伴う移住や核家族化など、孤立しがちな子育て家庭を地域全体で支援している。妊婦の一般健康診療の助成から始まり、健康相談や新生児訪問はもちろん、さまざまな母子のための制度がある。地域によって支援内容が異なるので、各市町村にまず問合せを。また、集団で受ける乳幼児健康審査や予防接種は、個別の通知や市町村発行の広報誌に掲載されるので、忘れずにチェックしておこう。
保護者の就労や育児中のリフレッシュなど、保育ニーズを満たす取り組みもある。保育所では夜間や休日、一時保育など、幅広い保育サービスを提供。幼稚園においても時間外に園児を預かる「預かり保育」をほとんどの幼稚園で実施しており、幼児保育の選択の幅が広がっている。
 そして小学生を持つ働くママが気になるのは、放課後の過ごし方。各児童館では、保護者が家庭を不在にする夕方まで子どもを預かる「児童クラブ」を実施し、安全な生活と遊びの場を提供している。民間の学童保育施設も増えていて、家庭事情に合わせて選択ができるのも嬉しい。

計画的な教育指導と高い進学実績に期待か

中学校においては、併設型の中高一貫教育校がその高い進学実績で大きく注目されている。大きなメリットとしては、一般の中学校で行われている教育と高等学校で行われている教育の過程を組み合わせ、6年間でより効率的、計画的に指導が受けられる点にある。また私立の中高一貫校と異なり、当初3年は授業料がかからないという点もメリットに上げられる。
公立高校では、古川黎明(平成17年開校)・仙台青陵(平成21年開校)・仙台二華(平成22年開校)の3校で、いずれも入試倍率は高い。平成26年度においては、仙台二華中において募集定員105人に対し534人(倍率5・09倍)となっており、非常に狭き門となっている。

これからどうなる?みやぎの受験事情

これからどうなる?みやぎの受験事情

受験難易度や目的別で選ぶみやぎの公立校と私立校

「みやぎ」における高等学校は、首都圏における私立優位型とは異なり、大学への進学有力校とされるその多くに、公立高校が名を連ねる。特に「ナンバースクール」と呼ばれる仙台第一、仙台第二、宮城第一などがトップに立つものの、比較的新しい学校で進学校化に力をいれている仙台向山、泉館山、宮城野などもナンバースクールとの差を縮めているともいわれる。
公立高校入試においては、平成25年度から新しい入試制度が取り入れられた。それまでは中学校長の推薦を要する「推薦入試」と一般入試に分けられていたのが、志望する高校が事前に出願できる条件を公表し、それを満たす生徒が出願できる「前期選抜」とそれ以外の「後期選抜」となった。高校側はより学校が求める生徒を具体化でき、また受験生は志望する学校の条件を把握することで学校生活の目標設定がしやすくなる。
一方、私立高校の場合は、東北学院大や宮城学院大などの付属校の他、スポーツを奨励していたり、普通科以外に特別なコースを設けたりなど、学校によって個性が大きく分かれる。大学進学を目標にしている場合は、公立と私立を併願する受験者が多い。
平成26年度の傾向としては、震災以降、専門学科がある学校の他、科学技術や理科・数学教育を重点的に行うスーパーサイエンスハイスクールや進学実績の向上など、より特色ある学校づくりを目指している学校への志願が多いようだ。

名称未設定-1_03

国内最大級の天体望遠鏡とプラネタリウム。

MAP

国内最大級の天体望遠鏡とプラネタリウム。

日本有数の大きさの天体望遠鏡や、水平型では国内最大級の直径25mのプラネタリウムなどを擁する博物館。天文ジャンルの博物館としては日本一の広さを誇る展示室では、CG映像で天体の世界を探求できるコーナーを設置。毎週土曜日には天体観望会や、スペシャルプラネタリウムなどのイベントも開催している。ミュージアムショップでは、オリジナルグッズや宇宙食、ミニ望遠鏡の販売なども。

【住所】仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32
【電話】022-391-1300(仙台市天文台)

宮城県美術館

MAP

宮城県と東北地方にゆかりのある美術品を中心に収蔵。明治以降までの日本画、洋画、版画、彫刻を始め、カンディンスキーやクレーなど海外作品も展示。館内には創作室が設けられており、絵画・版画の制作やさまざまな材料を使った制作体験ができる。

【住所】仙台市青葉区川内元支倉34-1
【電話】022-221-2111

仙台文学館

MAP

仙台にゆかりのある、島崎藤村や土井晩翠など、文学者の作品や資料を展示している。随時特別・企画展を開催しており、施設内には、喫茶や講習室、絵本の部屋などがあり、講演会やゼミナールなども行なわれている。

【住所】仙台市青葉区北根2-7-1
【電話】022-271-3020

仙台市博物館

MAP

重要文化財の伊達政宗所用具足・陣羽織や、支倉常長が率いた慶長遣欧使節関係資料など、伊達家や仙台藩に関わる歴史・文化・美術工芸品などの資料を約9万点収蔵。随時約1000点の展示がおこなわれており、季節ごとに展示替えを行っている。

【住所】仙台市青葉区川内26(仙台城三の丸跡)
【電話】022-225-3074

仙台市科学館

MAP

自然史系、理工系、生活系といったゾーンに分けて展示室を常設し、科学の世界を分かりやすく解説している。年に数回、企画展や特別展を開催するほか、休日には実験教室や工作教室、特別講座も開かれ、多くの市民でにぎわう。

【住所】仙台市青葉区台原森林公園4-1 
【電話】022-276-2201

伊達fanデジタルブック

伊達fanデジタルブック

ページの準備中です。しばらくお待ちください。

ページの準備中です。しばらくお待ちください。

イベントカレンダー

6月 2017
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

 色の日はイベントあり(クリックで詳細へ)

イベントマップ

今後10日間に開催されるイベント