気候と住まい

仙台の春夏秋冬

  • 春の訪れはゆっくりと

    4月上旬の平均気温は約8.2度と、まだコートが手放せません。入学シーズンといえば桜が定番ですが、「みやぎ」の桜の開花は例年4月中旬ぐらい。花見の時期の夜はまだ冷えるので、夜桜見学の際はコートや帽子などの防寒対策が必要です。
    ポカポカとした陽気になるのは、おおよそ5月上旬のゴールデンウィークぐらいから。仙台市の定禅寺通のケヤキ並木も、青々とした新緑の時期を迎えます。梅雨入りは6月下旬から7月下旬にかけて。オホーツク海気団の影響によって冷涼となることが多いので、まだスプリングコートが必要かもしれません。

  • 真夏日少なく快適

    学校の夏休みとともに夏が来るのが仙台の夏。「仙台七夕まつり」が行われる8月上旬には、だいたい気温は24.5度ぐらいまで上がります。とはいえ、真夏日は17日ほどしかなく、東京の46日に比べると圧倒的に少なく、熱帯夜も多くありません。近年は気温が高い傾向があり、真夏と残暑も厳しいことがありますが、夏は比較的過ごしやすい街として知られています。
    また、夏の訪れとともに登場する「冷やし中華」は仙台が発祥の地といわれています。夏バテ防止、食欲増進のグルメなので、ぜひこの時期にこそ味わっておきたいですね。

  • 羽織れるものを忘れずに

    「みやぎ」秋の風物詩といえば、「芋煮会」。これは、家族やグループで、親睦を深める行事として河川敷で芋煮を作って楽しむというもの。この行事が行われるのはだいたい10月。この時期の平均気温は14.8度で、長袖や薄手のコートを着用するのがおすすめです。
    紅葉の名所といわれる栗駒山や鳴子峡あたりでは10月頃からはじまり、蔵王や秋保など県内全体の紅葉見頃は、10月中旬から11月上旬がピークといわれています。暖房を使い始めるのは10月下旬頃からなので、準備はこの頃までに済ませておくのがベター。初雪は例年11月下旬頃。

  • 冬道の凍結には要注意

    12月中旬の平均気温は4度程度で、厚手のアウターや羽毛布団などの準備が必要です。特に1、2月は最低気温が氷点下になる日もあり、底冷えすることも。
    戸建て住宅は、水道の凍結や窓の結露にも注意。長期間留守にする場合や気温が氷点下4度以下になる場合は、水道管を凍結から守るために設置されている「水抜栓」を確認し、水抜きを行っておきましょう。また、暖房機器は足元から暖めてくれる石油ファンヒーターが活躍します。こたつの中へファンヒーターの温風を引き込むグッズなどもありますよ。
    また、スタッドレスタイヤへの交換は12月までに済ませておくと安心です。

みやぎエリアの住みゴコチ

  • 仙台中心部エリア

    <城下町的伝統の街並み>

    中心部まで徒歩で移動できる優れた立地と生活環境がエリアの大きな利点。中でも高い人気を誇るのが上杉、五橋エリアです。上杉はかつて仙台城下へと通じていた街道があり、町割や屋敷林などが点在し、城下町風情を色濃く残しています。宮城県庁や仙台市役所、青葉区役所などの官公庁の他、西公園や勾当台公園、繁華街も徒歩圏内。また五橋は、JR仙台駅から徒歩10分ほどに位置し、主要幹線道路である東二番丁通を軸に、高層タワーマンションや商業施設が立ち並びます。
    どちらのエリアも伝統校をはじめ教育施設が充実しており、文教地域としての一面も持ち合わせていることも大きな魅力です。

  • 仙台南部エリア 長町地区

    <再開発地区で注目>

    古くから商店街として栄えてきた長町。仙台のシンボルである広瀬川が流れ、都市部にありながら自然も満喫できる地域です。
    現在土地区画整理事業「あすと長町」が進行中で、区画内のメーンストリートを中心に、仙台市立病院やスポーツ施設、商業地区の整備が着々と進んでいます。長町は交通の利便性が高いことも人気の理由。国道4号、JR東北本線、地下鉄南北線が利用でき、市内中心部への移動がスムーズに行えます。
    また、長町南周辺は、分譲マンションや戸建て型の住宅地も開発されているほか、大型ショッピングセンターや文化施設、教育や医療なども充実。多様な機能が融合した新しい街づくりとして注目を集めているエリアです。

  • 仙台北部エリア 泉中央地区

    <利便性と自然が調和>

    仙台市地下鉄「泉中央駅」前には、大型商業施設や泉区役所、駅から徒歩5分程にはJリーグ「ベガルタ仙台」のホームスタジアムもあり、仙台の副都心の表情を持ちます。
    交通の便利さや自然との調和がとれた環境の良さから、このエリアには数多くのマンションや団地、アパート群が立ち並びます。また、アウトレットモールやおしゃれなレストラン、雑貨店なども点在し、仙台のニューショッピングエリアとしても注目されています。
    一方で、宮城県図書館や県立宮城大学、仙台白百合学園などもあり、学園都市としての表情も併せ持っています。

  • 仙台北部エリア 富谷町・大和町地区

    <自然豊かなベッドタウン>

    子育て世代にも人気のある仙台北部。仙台市地下鉄「泉中央駅」まで車で30分圏内という好立地で、多くの住宅街が開発されています。
    スポーツ施設が整った「ベルサンピアみやぎ泉」や、映画館の入った商業施設、大型ホームセンター、飲食店などが国道4号に沿って立ち並び、生活の利便性が高いことが魅力。北部エリアではマイカーでの移動がおすすめです。また、国道4号が主要幹線道路になるため、ウィークデーの朝夕は通勤ラッシュが起きやすいことも。少し足を伸ばせば「七ツ森湖畔公園」もあり、豊かな自然環境と都市の利便性を備えたエリアです。

伊達fanデジタルブック

伊達fanデジタルブック

ページの準備中です。しばらくお待ちください。

ページの準備中です。しばらくお待ちください。

イベントカレンダー

12月 2017
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 色の日はイベントあり(クリックで詳細へ)

イベントマップ

今後10日間に開催されるイベント