5万人のための100万人アンケート
Q

Cool MIYAGI!伝統工芸の世界

募集期間:2016年2月

Cool MIYAGI!伝統工芸の世界

伝統工芸品という響きからは「古臭い」とか「高い」とか「貰ってもちょっと…」と否定的な言葉を連想する人も多いのでは?ところがどっこい、宮城の伝統工芸品は元気です!
皆さんの心をつかんで離さない現在進行形の世界。アンケート結果をちょっとのぞいてみてください。

「伝統工芸品に興味はある?」や「宮城の伝統工芸品は持っている?」、「どこで手に入れた?」という選択式質問3つと、「お薦めの宮城の伝統工芸品とその楽しみ方を教えて」という自由回答質問に、約90件の回答をお寄せいただきました。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

 

Answer

  • あなたは伝統工芸品に興味がありますか?

  • 宮城の伝統工芸品を持っていますか?

  • それはどこで入手しましたか?

「Q2、あなたは宮城の伝統工芸品を持っていますか?」では「はい」と答えた方が70.8%いらっしゃいました。この結果を見た時には正直なところビックリしてしまいました。これはかなり高い数値じゃないでしょうか。宮城県の伝統はしっかりと根付いているということの表れですね。
「Q3、あなたはそれをどこで手に入れましたか?」という質問については、「もらった」と答えた方が36.9%。それから「工房」が23.1%、「百貨店」の13.8%と続きました。伝統工芸品を贈り合うって素敵なことですよね。皆さんはどんなタイミングで贈られているのでしょう?
「工房で手に入れた」という選択肢が2番目に挙げられたことも驚きです。自分が購入するものは産地に出向いて直接目で見て確かめるという強い意志が伝わります。もしかして宮城県人は目が肥えてるとか?

伊達fan流「あなたが薦める宮城の伝統工芸品とその楽しみ方を教えてください。」(自由回答)

「Q4、あなたが薦める宮城の伝統工芸品とその楽しみ方を教えてください」という問いにもさまざまな回答をいただきました。
やはり最も多かったのは「こけし」でした。「優しい面立ちが好き」「地域によって表情が違うので、自分のお気に入りを探す楽しみがある」「手作り体験ができる」など楽しみ方もさまざま。「玉虫塗」は「手頃な値段で普段使い」ができ、「仙台箪笥」は「高価で買えない」けど「いつか欲しい」という方が多かったです。
「生活の一部として使ったりして楽しむ」、「手作りのぬくもりと長年にわたって使用することで生まれる愛着」が魅力だという伝統工芸品。その他にも「鳴子漆器」や「堤焼」、「松川ダルマ」、「雄勝硯」など数多く挙げてくださいました。
どうですか、興味のなかった皆さんも気になってきたんじゃないですか?この機会にぜひ、宮城の伝統工芸品の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょう。

  • ■歴史は浅いですが、玉虫塗は手頃な値段で普段遣いの逸品が手に入ります(柴田町、30代、男性)
  • ■手作りのぬくもりと長年にわたって使用する愛着(仙台市太白区、60代以上、男性)
  • ■玉虫塗の花器(仙台市青葉区、50代、男性)
  • ■玉虫塗り。美しい。もっとバリエーションがほしいくらいです(仙台市青葉区、40代、女性)
  • ■こけしがおすすめです。地域によってこけしの表情が違うので、自分のお気入りを探す楽しみがあります(仙台市泉区、30代、女性)
  • ■鳴子こけし首を回すと鳴るので、回して楽しんでいます!(仙台市泉区、50代、女性)
  • ■手作り体験は気軽に伝統工芸品に触れられる機会。小学生の時、蔵王町でこけしの絵付けをして、こけしが身近になりました。「伝統」とはいえないかもしれませんが、石巻こけしなど最近デビューの工芸品は発想が面白いと思います(石巻市、30代、女性)
  • ■堤焼。何とも言えない味がある(仙台市太白区、50代、女性)
  • ■妻の強い要望により数年前に堤焼のひな人形をデパートで求めました。我が家のちょっとした贅沢でした(仙台市泉区、60代以上、男性)
  • ■鳴子漆器。箸とお椀を10年以上使い続けていますがいつまでも美しく、使い勝手もいいです。最近購入した「若柳地織」も触り心地が良く、たいへん気に入っています。年数を経るにつれてより柔らかくなるとのこと。今は小物しか持っていませんが次は身につけるものを手に入れようと思っています(仙台市若林区、30代、女性)
  • ■雄勝硯(名取市、40代、女性)
  • ■家族と考えてましたが、宮城の伝統工芸品と言えば、こけし、仙台箪笥、しか思い浮かばないです。こけしは、飾って楽しんでいますが…思いつきません、ごめんなさい(山元町、50代、女性)
  • ■仙台タンスがほしいが、高価で買えないが持ったら大切にしたい(仙台市泉区、60代以上、女性)
  • ■こけしです。和室に飾っています。優しい面立ちが好きです♪(仙台市泉区、50代、女性)
  • ■こけしを集めています。毎年5月に白石のこけし祭に出向き、伝統こけしを見て目を肥やしていますが、何と言っても鳴子こけしが品があっていいですね(仙台市泉区、60代以上、男性)
  • ■「かご」です。年を重ねるごとに、かごの魅力を感じるようになりました。ずっと欲しかった、丸森の目かごを購入し果物を入れて使っています。普段使いが出来て、丈夫で仕事がきれいです。宮城には沢山の魅力的な伝統工芸品があると思うので、手にとって見れる機会を作って欲しいです(柴田町、40代、女性)
  • ■秋保のこけし、飾って楽しむ(仙台市青葉区、20代、男性)
  • ■普段に使う(仙台市青葉区、50代、女性)
  • ■仙台箪笥、高くて手に出来ませんが、いつかは欲しいですね。インテリアとしても素敵です。あと堤焼き、松川だるま、白石の和紙、こけしなど宮城には沢山あります(仙台市青葉区、50代、女性)
  • ■こけしは多種多様な物があり、こけし女子という言葉もあります絵付けも体験するのも楽しいと思います(仙台市太白区、30代、女性)
  • ■玉虫塗りは、いろいろな身近な製品がでてきているので、手元に置いて、見たり使ったりすることで、独特の色合いに親しみと愛着がでてきますね(仙台市太白区、50代、女性)
  • ■仙台箪笥。ちょっとお高いが、10万円ぐらいの小さなタンスはセンスがあって良いと思う(富谷町、40代、男性)
  • ■堤人形のお雛様。雛祭りの季節には飾って楽しむ(仙台市泉区、50代、女性)
  • ■仙台箪笥は和室だけだけでなく洋室にも合い、外国の方にも評判がいいと聞きます。私はまだ持っていないのですが、いずれ手に入れたいと思っています(利府町、40代、女性)
  • ■観賞用、実用(石巻市、20代、女性)
  • ■仙台箪笥。飾り金具がすばらしい(仙台市若林区、60代以上、男性)
  • ■百貨店で見る。楽しみ方はまだこれといってない(岩沼市、50代、女性)
  • ■玉虫塗の小物入れなど(仙台市青葉区、50代、女性)
  • ■こけしが大小様々、古い物から新しい物までいっぱいあり手を焼いていました。友人のアメリカ人が海外のこけしコレクターを紹介してくれていろいろ役立ち、友人が増えました(仙台市青葉区、40代、女性)
  • ■鳴子こけし、見て楽しむ。なぐむな~など!ちょっとかざると、夜怖いかも♪でもこけし、うちにないから持ってみたいなー!! (仙台市青葉区、30代、女性)
  • ■鳴子こけし。眺めるのもよし、手入れをしながら首を回して音を聞くのもまた良し(仙台市泉区、50代、男性)
  • ■鳴子こけし(仙台市太白区、50代、男性)
  • ■松川ダルマがオススメです。一般的な赤いダルマとは違い、表情がとても凛々しく感じられます。初めて見た時、その鮮やかな色に惹きつけられました。飾るだけでとても華やかになると思います(仙台市太白区、20代、女性)
  • ■仙台張子。飾って見てるだけでホッコリします(仙台市太白区、50代、男性)
  • ■玉虫塗りの栞が気に入ってます。県外に住む友人に手紙と共にプレゼントしたり、大好きなミュージシャンへのプレゼントの中にも忍ばせました。気に入っていただけると嬉しいなと思いながら選びました。見つけたらちょっと楽しいかなと思います(仙台市若林区、40代、女性)
  • ■恥ずかしながら、宮城の伝統工芸品についてまったく知りません(仙台市青葉区、40代、男性)
  • ■鳴子に毎年紅葉を見に行きますが、いたるところにこけしがあり子供たちが喜びます。大きいこけしが沢山楽しめます。お土産にこけしの楊子入れをいただいた事があり、ずっと使い続けています。温かみがあり気に入っています(仙台市宮城野区、30代、女性)
  • ■こけし→九月に開催する「全国こけし祭」のこけしオークションがお勧め。何千ものこけしの中から自分のお気に入りのこけしをぜひ手に入れて頂きたいです(柴田町、30代、女性)
  • ■埋もれ木の茶托を使用しています。特に小ぶりの茶器が映えるので緑茶がより美味しく頂けます(仙台市宮城野区、50代、女性)
  • ■雄勝硯で習字をする。こけしに自分で絵を描いて楽しむ(仙台市太白区、50代、女性)
  • ■生活の一部として鑑賞したり使ったりして楽しむ(名取市、50代、男性)
  • ■やはり鳴子こけしかな?見てると落ち着きます(柴田町、40代、女性)
  • ■仙台箪笥は素晴らしいと思う。機能性や職人の技、豪華さは見た人の心をうつと思う(富谷町、50代、女性)
  • ■仙台箪笥のテレビ台。朱?赤?本当の良さが解らない私ですが、欅の渋い赤色と凹凸の細かい金具に一目惚れして買いました。次に水屋箪笥が欲しくて貯金中です(東松島市、50代、女性)
  • ■堤焼きの甕(かめ)を花入(生花、ドライフラワー)、ワインクーラー等にして楽しんでます(仙台市青葉区、60代以上、女性)
  • ■仙台箪笥。オリジナルを作ってくれるので、場所や好み、仕様も拘って良いものが出来ます。丈夫で色もある程度まで選択できるので日本の伝統である漆の良さも味わえる。修理も出来るので長く使える(仙台市泉区、50代、男性)
  • ■こけし。産まれたばかりの孫、女の子が、こけしのように可愛く健やかに育つように見つめて和んでいます(仙台市太白区、50代、男性)
  • ■利用している物や飾って楽しんでいる物とかあります(仙台市青葉区、50代、男性)
  • ■登米市の松笠風鈴。江戸時代に仙台藩主に献上したのが始まりで、一つ一つ手作りなので、一つ一つ音色が違うというのが素敵だなあと思います。松笠が載っているので松笠風鈴と呼ばれているそうです。なんとヘレン・ケラーやシュバイツァーも愛用したとのこと!宮城が誇る伝統工芸品の一つだと思います(大和町、30代、女性)
  • ■実家が和室が多いので、こけしがインテリアに合います。こけしは現在、自分で好きな様に描ける体験場所も増えているので気軽にアート感覚で楽しめるのが良いです(名取市、20代、女性)
  • ■私が勧める宮城の伝統工芸品は雄勝硯です。中学生のときに雄勝硯が配布され、藍色で硬くひんやりと冷たい石ですが、肌触りは滑らかで優しく、初めて石が柔らかいと感じました。雄勝硯は全国の人に本当に知ってもらう価値のある伝統工芸品だと思います。硯の原料である雄勝石も全国の人に知ってもらいたいです。雄勝石の箸置きなど、日常生活の一部に自然と溶け込めるような存在になれるように、雄勝石の魅力を全国に発信していけたら良いと思います(富谷町、20代、男性)
  • ■宮城の伝統工芸品といえば、こけししか思い浮かびません。やはり、工房に行って絵付け体験などがよいのではないでしょうか(仙台市太白区、40代、女性)
  • ■松川だるま、両目が入っている松川だるま。病院にいる知り合いに回復を願い贈りたくて訪れた工房。だるまの青には意味があり、その模様にもまた意味があり、教えていただきながらひとつひとつ眺めていると少しずつ表情の違っただるまがあって、見ているだけで心が癒されます。とても楽しかったです。外国の方が熱心に見入っていました(富谷町、40代、女性)
  • ■こけし(富谷町、30代、女性)
  • ■玉虫塗りの万年筆。光の反射角度により色が変わり見るのが楽しく、手作りで使い勝手がよい(大崎市、60代以上、男性)

過去のアンケート一覧

伊達fanデジタルブック

伊達fanデジタルブック

ページの準備中です。しばらくお待ちください。

ページの準備中です。しばらくお待ちください。

イベントカレンダー

8月 2017
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 色の日はイベントあり(クリックで詳細へ)

イベントマップ

今後10日間に開催されるイベント